1.メーカーによる顧客に対する技術講習会
  現在の中国の日本料理店は中国人経営の店が殆どで、料理人も中国人であることから以下の問題が出でき
  ております。
   ○料理長が中国人で日本人料理人がいないため料理人の技術の向上が出来ない(料理の方法、飾り付け、
    素材選び、味、季節商品の取り入れ方等)
   ○味の安定化が出来ない(基本的な味が判らない)
   ○新規のメニュー開発が出来ない
   ○他店とのメニューでの差別化が出来ない
   ○小規模な店が多いので、メニュー自体をカラーで作成する等のノウハウがない
  以上の様な問題は、我々にとって大きなチャンスであることは間違い有りません。
  そこで、我々とメーカーとタッグを組み、これらの市場に対して技術講習会の開催などのより積極的な取
  り組みを行っております。
  ※実績としては、製麺メーカー・清酒メーカー・醤油メーカー等

  ▼製麺メーカーにより「ラーメン道場」の様子

技術講習会1.png


2.メーカーによる弊社従業員に対す定期的な教育
  弊社の従業員は、日本人もおりますが、全ての商品に精通しているわけではありません。
  また、中国人スタッフは取り扱っている全ての商品を食べたことがあるというわけでもありません。
  そこで、弊社が代理店をしている各メーカー様から取り扱っている商品の試食や説明をして頂き、営業担
  当者のに対する理解度を高めてことにより、営業力を上げようという試みをしております。
  この活動は、3〜4ヶ月に一度程度行っております。
  ※実績としては、製麺・清酒・醤油・お酢・ビール・コーヒー・調味料メーカー等多数

  ▼有機麺の会社によるセミナー&試飲会の様子

有機麺セミナー.png



3.顧客の工場視察
  料飲店や百貨店の方々に商品を理解して頂きことにより売上向上を目指すことが目的で、顧客の工場視察
  等を積的に進めております。
  最近では、ビザの規制緩和等もあり来日も容易になってきておりますので、自治体の協力等で費用負担等
  のサポトも出できていますので、今後より多くの工場視察や食体験の機会が増えると考えております。
  このような機会を活用して、皆様の商品のアピールをして頂けるとブランド展開と同時に商品展開もスム
  ーになると考えておりますのでご検討下さい。

  ▼醤油メーカー視察(中国国内)

醤油メーカー視察.png



LinkIconお問い合わせ、お申し込みはこちら!